3年でまだ利益は不安定-米国雇用統計はチャンス-FX体験談

FX歴はかれこれ3年になりますが、いまだに安定した利益を出す事が出来ません。
しかし3年目に入ったあたりから、大きく負ける事はなくなりました。

それは自分の中で、自分なりの法則が見つかり始めてきたからだと思っています。
不思議な事に架空口座ではかなりの利益が出せるので、
私の場合はやはりメンタルが大きな問題ではないかと思っています。

私だけではなく、大きな指標のある日なんかはまさに市場がメンタルに
支配されているなと感じるので

やはりFX必勝の決め手は、
感情に流される事なくどれだけ冷静にチャートを見れるか

これに尽きると思います。

ではシステムトレードがいいか?と言うと、それではなかなか利益が出せないのですが。
そんな私の中で、必ず勝てるのは、毎月一回の「米国雇用統計」の日です。

発表前から予想がネットを駆け回り、その予想で相場が動きます。
その流れにあと出しジャンケン的に乗っていくだけで、利益を得る事が出来ます。

その時は欲をかかないのがポイントです。

そして発表前になったらパソコンの前でスタンバイ、動きが出始めてから
今度もまた後出しをします。

全部を取ろうと思わずに、往復(上がれば下がり、下がれば上がるので往復です)で
少しずつ利益が出ればいい、と言うスタンスでトレードする事が大切です。

この時に自分の予想で逆張りをするのは絶対にNGです。これは大やけどをします。

あくまで後出し、おこぼれ頂戴くらいが個人トレーダーには一番いいと思います。

そして行きで負けても帰りがあるさ、と割り切り、自分の損切りラインを厳守する事です。

多くの負けトレーダーは、損切りラインを自分の感情で動かしているのではないでしょうか。

これを改めてるだけで勝率が上がってくると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です