FX必勝法は忍耐力が重要、チャンスのみを狙う-FX体験談

FXで重要な必勝法忍耐力であると思います。
忍耐力とは何か、それは売買しようとする時に我慢してじっと待てるかです。

そんなことしてたらチャンスを逃してしまうよって言われるかもしれません。
しかし、売買しなければ得もありませんが、損もありません。

つまりプラスマイナスゼロなんだと考えるくらいの余裕は必要だと思います。
しかもチャンスは1度ではなく、再び何度も訪れるのが為替なのです。

それがすぐ来るのか長い間来ないのかはわかりませんが、
それまで待てばいいではないですか。

良くあるパターンはここが底だとテクニカルを見て判断して、
ポジションを入れるとさらに底があって大損をしたという話を耳にします。
それは忍耐力不足です。

狙うは底かと思いながらのまだ底があり、さらに底がある、「そこ」での売買です。
FXにおいて一年中ポジションを入れておく必要はありません。

今述べた底の底の底の「そこ」で買えば間違いなく儲かります。
年に4回ぐらいあればいいかもしれませんが、利益が上がれば十分だと考えましょう。
FXで損をする人は大勢いるのですから。これをパチスロで例えるなら天井狙いです。

所謂、底で売買する人はパチスロでいうゾーン狙いです。
ゾーンを過ぎればはまってしまい次のゾーンまでは当たらないでしょう。
だから天井を狙うのです。天井に近いところで打てば期待値はプラスになりますから、
毎回天井狙いを続けていれば収支は必ず勝てるのです。

実際、その方法で私の知人は約5年間、年間120万の利益をあげています。
本当のチャンス以外は手を出さないのが負けない鉄則です。よくFX取引で言われるのが、
駆け込み乗車にご注意。

つまり上がっていったから自分もそれに乗った時にはもうこれから落ちかかる時で
損をしてしまう。と考えると、逆にピンチはチャンスなのです。

負のサイクルが続き、どこまで負に進むのかわからないほど下がった時ほどの
チャンスはないのです。

その前提として、最低限通貨の中期的あるいは長期的に進む方向性を把握して
おかなければなりませんが、それだけ把握しておけば利益はあがります。

通貨の方向性を把握したうえで、忍耐力で我慢して、年に何度かくるチャンスを
見逃さないことが利益をあげる確実な手法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>