スワップ金利狙い

FX取引の醍醐味である、スワップ金利狙いの取引は、
最近人気の取引方法です。
為替レートの上げ下げは難しいので、
為替差益で儲ける自身のない方は、スワップ金利狙いがお勧めです。

FXでいうスワップ(スワップポイント)とは、通貨を交換(スワップ)する
際の金利差額のことです。

通貨売買の2国間で、金利差がある場合、その金利差額分の金利を、
受け取ることができるものです。

2014年6月現在、日本の政策金利は0.1%、豪ドルは2.50%で、
その差2.50-0.10=2.40%が、金利差です。結構な差がありますね。

オーストラリアドル/日本円(AUD/JPY)を買う・ロングする場合、
日本円を借りて、オーストラリアドルを買うこととなり、
オーストラリアドル(豪ドル)で運用することとなります。
FX業者は、この豪ドルを元に運用を行い、
その一部をスワップポイントとして、還元してもらえるのです。

ある業者ですと、豪ドル/日本円を1万通貨買う場合、
原資は5万円程度で買うことができます(安全を考慮すると20万円程度推奨)
1日所有すると70円程度の金利を受け取ることができます。

レートが変動しなければ、70円×365日=25550円もの金額になります。
安全を考慮した20万円に対して1万豪ドルでも、年率12%にもなります。

日本で20万円預金していたら、定期預金のキャンペーン金利1%があった
としても、2000円しか利子を受け取れないのです。

外貨預金よりも、手数料が格段に安く、毎日利息を受け取れるFX取引。
魅力的ではありませんか?

今後、もっと詳しく南アフリカランド、ニュージーランドドルなどの
他国通貨なども解説していきます。
ご期待下さい!